鰆/サワラ(焼き)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

鰆/サワラ・焼き

「 鰆/サワラ・焼き」に関して切り身約70g中の カロリーを国の基準で評価した場合、7.07%含有し、141.4kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる切り身約70g中の 成分は、ビタミンB12(154.58%:3.71μg)、次はビタミンD(154%:8.47μg)、そして、ナイアシン(92.75%:11.13mg)、n-3系脂肪酸(80.5%:1.288g)、蛋白質(33.04%:16.52g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆15%
更に分析 >>

サワラ


サワラは、サバ科に分類される魚の一種を言います。側扁した体を持ち、全長はおよそ一メートルほどになります。体側には小黒点が散らばっており、側線が波状に見られます。日本各地にみられる他、朝鮮や台湾、オーストラリアなどにも分布しています。日本では瀬戸内海での漁獲が多くなっており、特に冬場は寒鰆と呼んで美味とされます。成分は赤身魚に近いとされますが、身はそれほど赤くなっておらず、白身魚として扱われることも多いようです。肉は柔らかくなっているため、煮崩れし易い傾向にあるようです。料理では焼き魚や唐揚げなどに利用されています。
サワラ・焼き