鯛/タイ(まだい・養殖・皮つき・水煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

タイ/まだい・養殖・皮つき・水煮

「タイ/ まだい・養殖・皮つき・水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、10.3%含有し、206kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、セレン(176%:44μg)、次はn-3系脂肪酸(139.38%:2.23g)、そして、ビタミンB12(108.33%:2.6μg)、ビタミンD(85.45%:4.7μg)、ナイアシン(83.33%:10mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★★☆☆☆☆☆☆☆21%
更に分析 >>

鯛/タイ


真鯛(マダイ)は、鯛科に分類される魚の一種を言います。食性は貪食で雑食です。体色は赤くなっており、他の鯛類とは尾びれの縁が黒くなっている点で異なります。四月から六月頃が産卵期で、沿岸の砂磯底に産卵します。ムギワラダイやニガリダイと呼ばれているものは、産卵を終えた六月頃の鯛で、味に劣り価値も低くなっています。日本では北海道から九州方面にかけて分布しており、朝鮮やハワイなどにも見られます。養殖も盛んに実施されており、稚魚の放流も行われています。尚、水煮は食材を塩水などで煮た食品を言います。缶詰やパック詰めといった形態で大量に消費されています。
タイ/まだい・養殖・皮つき・水煮