鮒/フナ(甘露煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

鮒/フナ・甘露煮

「 鮒/フナ・甘露煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、13.6%含有し、272kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(279.17%:6.7μg)、次はカルシウム(184.62%:1200mg)、そして、リン(88.75%:710mg)、亜鉛(65%:5.2mg)、(61.9%:6.5mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆15%
更に分析 >>

フナ


フナは、コイ科鮒属の魚の総称です。水の流れの緩い河川やため池、淡水域などに生息していますが、ユーラシア大陸の各地に分布しています。古くから親しまれてきた魚の一つであり、万葉集などにもその記録が残っているようです。アジア方面では食用にされることが多く、日本では鮒ずしで知られます。これは滋賀県の鮒料理ですが、他にも名古屋周辺のフナ味噌、岡山県のふな飯などが有名です。また、一般的な料理では塩焼きをはじめ、刺身や天ぷら、煮つけ、甘露煮などに用いられます。甘露煮は煮魚料理の一つで、素焼きにしたものを調味したタレで照りが出るように煮たものを言います。