ホッケ(開き干し・生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ホッケ・開き干し・生

「 ホッケ・開き干し・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、8.8%含有し、176kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(220.83%:5.3μg)、次はn-3系脂肪酸(133.75%:2.14g)、そして、セレン(124%:31μg)、ビタミンD(83.64%:4.6μg)、ナイアシン(58.33%:7mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆19%
更に分析 >>

ホッケ


ホッケは、アイナメ科に属する魚のことで、漢字では魚と花を並べて表記しています。日本では東北から北海道にかけて見られ、特に北海道周辺での漁獲が多いようです。一般に、フライなどに利用されていますが、新鮮なものは刺身や照り焼きなどにされることもあります。旨味が少ない一方で、あっさりとした味になっています。脂質が比較的多くなっており、柔らかい肉質になっています。また、新鮮であればこれといった癖もありませんが、古くなってくるとホッケ独特の臭みが出てきます。尚、開き干しは干物の一種であり、魚の内臓を除去して干したものを言います。