唐墨/カラスミ(ぼら)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ぼら・唐墨/カラスミ

「 ぼら・唐墨/カラスミ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、21.15%含有し、423kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(1183.33%:28.4μg)、次はビタミンD(600%:33μg)、そして、n-3系脂肪酸(279.38%:4.47g)、ビタミンE(161.67%:9.7mg)、パントテン酸(129.25%:5.17mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

カラスミ


カラスミは、ボラやサワラなどの卵巣で作った塩蔵品を塩抜きして干し固めたものを言います。日本ではボラを原料としたものが多く、近年では輸入ひんが主となっています。また、中国の墨に似ていることから唐墨と呼ばれるようになったそうです。日本へは中国から安土桃山時代頃に長崎へ伝わったとされ、現在でも長崎産の唐墨が有名になっています。ただし、当時はサワラの卵を使っていたそうです。料理では茶漬けやスパゲッティなどに使われており、ねっとりとした独特の食感が特徴です。一般には高価な食材として位置付けられており、一度にたくさん食べるものではないようです。
ぼら・カラスミ