マグロフレーク(缶詰・水煮・ライト)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

マグロフレーク/マグロフレーク・缶詰・水煮・ライト

「マグロフレーク/ 鮪フレーク・缶詰・水煮・ライト」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、3.55%含有し、71kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナイアシン(105%:12.6mg)、次はビタミンD(54.55%:3μg)、そして、ビタミンB12(45.83%:1.1μg)、蛋白質(32%:16g)、ビタミンB6(21.67%:0.26mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆11%
更に分析 >>

マグロフレーク


鮪は、サバ科鮪属に分類される魚の総称です。種類はビンナガやキハダ、メバチ、クロ鮪、ミナミ鮪、メジ鮪などが知られています。かつては塩蔵や粕漬け、味噌漬け、練り製品などの原料として加工されていましたが、現在では少ないようです。鮪の加工は多くがビンナガを用いたもので、油漬けや味付け、塩水漬けなどの缶詰として限定される傾向にあります。ホン鮪をはじめ、キハダやメバチもライトミートツナとして缶詰にされることもありますが、ビンナガを原料としたホワイトミートツナより人気がないようです。
別名:ツナ缶原材料:きはだ液汁を含んだもの