マグロフレーク(缶詰・水煮・ホワイト)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

マグロフレーク/マグロフレーク・缶詰・水煮・ホワイト

「マグロフレーク/ 鮪フレーク・缶詰・水煮・ホワイト」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、4.85%含有し、97kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナイアシン(120.83%:14.5mg)、次はビタミンB12(58.33%:1.4μg)、そして、n-3系脂肪酸(38.75%:0.62g)、蛋白質(36.6%:18.3g)、ビタミンD(36.36%:2μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆12%
更に分析 >>

マグロフレーク


鮪は、サバ科鮪属の魚を総称するもので、大型肉食魚です。漁獲は天然に依存しており、資源確保の観点から養殖の研究が進んでいます。ビンナガ鮪の場合、缶詰としての評価は良いようで、鮪缶詰の主要な原料となっています。いわゆるシーチキンと呼ばれる缶詰がこれに該当し、味は鶏肉に似ていると言われています。ビンナガ鮪は、熱を加えることによって白く変色し、身がしまるため、その形態からシーチキンと呼ばれているようです。しかし、白く柔らかい身は、生食にはあまり適さないとされ、缶詰の主な原料となっているようです。また、ビンナガ鮪から作られる缶詰はホワイトミートツナと呼ばれています。
別名:ツナ缶材料:びんなが液汁を含んだもの