マグロフレーク(缶詰・味付け)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

マグロフレーク/マグロフレーク・缶詰・味付け

「マグロフレーク/ 鮪フレーク・缶詰・味付け」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、6.8%含有し、136kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(154.17%:3.7μg)、次はナイアシン(93.33%:11.2mg)、そして、ビタミンD(90.91%:5μg)、リン(43.75%:350mg)、(38.1%:4mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆17%
更に分析 >>

マグロフレーク


鮪は、サバ科サバ属に分類される魚の総称です。日本では昔から食用とされてきた経緯があり、縄文時代の遺跡にはその骨が見つかっています。握りずしの種として利用され出したのは、江戸時代以降のことで、その背景には醤油の普及があったようです。鮪を醤油漬けにして保存するヅケという技術が考え出されたためで、握りずしが普及した後は、広く出汁醤油に漬け込む方法がとられました。それ以前は魚介類を塩や米につけるといったような方法が一般的だったようです。鮪の料理としては、刺身や寿司種が一般的ですが、缶詰などに加工されることもあります。原料にはキハダやメバチ、ビンナガなどを用いられます。
マグロフレーク/
別名:ツナ缶液汁を含んだもの