浅蜊/アサリ(つくだ煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

浅蜊/アサリ・つくだ煮

「 浅蜊/アサリ・つくだ煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、11.25%含有し、225kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(604.17%:14.5μg)、次は(179.05%:18.8mg)、そして、ナトリウム(105.22%:2900mg)、蛋白質(41.6%:20.8g)、カルシウム(40%:260mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、「ナトリウム」では目標量未満を超えています。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆4%
更に分析 >>

アサリ


アサリは、マルスダレガイ科に分類される二枚貝の一種を言います。広い意味では浅蜊属の二枚貝を総称します。殻長は五センチほどで、表面は様々な色模様に富んでいます。北海道など一部の地域を除けば、ほとんど似たような色模様がありません。しかし、熱を加えたり長期間にわたって放置すると、褐色に変化する特性があります。分布域は日本をはじめ、朝鮮や台湾などで、砂泥底に生息する最も一般的な貝の一つとなっています。日本では貝塚から大量の貝殻見つかっており、古くから食用とされてきた経緯があります。料理では、みそ汁をはじめ、潮汁や和え物などの形で賞味されています。尚、佃煮は、素材を醤油や砂糖を混ぜて甘辛く煮つけた料理を言います。
アサリ・つくだ煮