浅蜊/アサリ(缶詰・味付け)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

浅蜊/アサリ・缶詰・味付け

「 浅蜊/アサリ・缶詰・味付け」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、6.5%含有し、130kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(1504.17%:36.1μg)、次は(264.76%:27.8mg)、そして、亜鉛(40%:3.2mg)、ビタミンE(38.33%:2.3mg)、マンガン(35.14%:1.23mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

アサリ


アサリは、マルスダレガイ科の二枚貝の一種ですが、浅蜊属を総称することもあります。一般に、秋から早春にかけての浅蜊は身がやせているため、不味いとされます。また、黒っぽい色模様を持つものは泥地に棲息していることが多く、こちらも質に劣るようです。美味とされるのは沖側に分布する側扁したものや鮮明な色模様を持つものとされます。浅蜊の場合、着底してからはあまり動かない性質を持っているため、貝毒が蓄積されていることもあるようです。この貝毒は、魚介類が作り出すもので、動物性自然毒を意味します。また、魚介類が持つ毒性の多くは、渦鞭毛藻などのプランクトンに因むもので、それを食べた生物の体内に蓄積され、毒化されます。