帆立貝/ホタテガイ(水煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

帆立貝/ホタテガイ・水煮

「 帆立貝/ホタテガイ・水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、5%含有し、100kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(750%:18μg)、次は亜鉛(38.75%:3.1mg)、そして、蛋白質(35.2%:17.6g)、葉酸(34.58%:83μg)、ナイアシン(34.17%:4.1mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

ホタテガイ


ホタテガイは、イタヤガイ科に属する軟体動物の一種を言います。扇のような形状が特徴で、膨らみは右側の殻のほうが大きく、左がのほうが小さくなっています。また右側は白色、左側は紫褐色を呈します。成長すると殻径はおよそ二十センチほどの大きさになります。分布は北海道や東北方面で、寒い海域で見られます。また、内湾の砂泥底に生息し、波のあまりない水深三十メートルほどの水域を好みます。略してホタテと呼ばれることも多く、名称は帆走する帆掛舟に由来するようです。しかし殻を帆とするのは俗説で、移動は殻を開閉する際に発生する水流を利用します。尚、水煮はホタテなどの食材を水や塩水で煮る、或いは煮たものを言います。調理を簡単にしたり、保存目的で作られます。
ホタテガイ・水煮