帆立貝/ホタテガイ(貝柱・生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

帆立貝/ホタテガイ・貝柱・生

「 帆立貝/ホタテガイ・貝柱・生」に関して1個約35g中の カロリーを国の基準で評価した場合、1.54%含有し、30.8kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1個約35g中の 成分は、セレン(25.2%:6.3μg)、次はビタミンB12(24.79%:0.595μg)、そして、ナイアシン(11.96%:1.435mg)、蛋白質(11.83%:5.915g)、クロム(10.5%:1.05μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆5%
更に分析 >>

ホタテガイ


ホタテガイは、イタヤガイ科に属する軟体動物の一種を指します。一般にはホタテの名称で通っています。形態はおよそ二十センチほどの二枚貝であり、右側が膨らんでいます。日本ではこの貝から主に貝柱を取り出して食用としているため、貝柱と呼ばれることもあります。貝柱は舌触りが良く、肉厚であっさりとしています。風味に優れ、ほぐれ易くなっています。刺身やバター焼き、スープ、煮込み料理など多様な形で利用されており、干貝にも加工されています。干貝は貝柱だけを乾燥させたもので、生のものよりかなり小さくなります。これは水分が大半を占めているためですが、うま味成分に富みます。
ホタテガイ・貝柱・生