帆立貝/ホタテガイ(貝柱・水煮缶詰)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

帆立貝/ホタテガイ・貝柱・水煮缶詰

「 帆立貝/ホタテガイ・貝柱・水煮缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、4.7%含有し、94kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(108.33%:2.6μg)、次は蛋白質(39%:19.5g)、そして、亜鉛(33.75%:2.7mg)、ナイアシン(29.17%:3.5mg)、リン(21.25%:170mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

ホタテガイ


ホタテガイは、イタヤガイ科に分類される二枚貝類の一種を指します。食用部はほぼ大きな貝柱一本であり、ここにはとても強いうま味があります。また、柔らかい肉質になっています。市販されているものの中には、殻つきの状態のものやむき身にされたもの、もしくは貝柱のみを冷凍したものなどがあります。料理では刺身や酢の物などとして生食されるほか、焼き物や鍋物、スープ、ムニエル、うま煮、揚げ物など加熱料理にも向いています。熱を加えて他の食材と共に煮るなどして調理する場合、旨味が他の食材へ移ります。しかし、加熱時間が長すぎると、筋肉繊維が固くなってしまい、貝柱自体の風味は落ちます。そういった場合は、乾燥させた貝柱を出汁に用います。尚、水煮はホタテ貝などの食材を水や塩で煮たものを言います。一般家庭でも作られますが、缶詰やパック詰めにされた製品が大量に消費されています。
ホタテガイ・貝柱・水煮缶詰