車海老(養殖・焼き)[くるまえび/クルマエビ]


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

車海老/くるまえび・養殖・焼き

「車海老/ くるまえび・養殖・焼き」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、5.15%含有し、103kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(95.83%:2.3μg)、次は(72.5%:0.58mg)、そして、ナイアシン(58.33%:7mg)、蛋白質(47%:23.5g)、ビタミンE(45%:2.7mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆16%
更に分析 >>

車海老


車海老(クルマエビ)は、クルマエビ科に分類されるエビの一種です。体長は二十センチほどになりますが、一般にオスよりメスのほうが大きくなります。夜行性で汽水域の砂泥底に生息し、餌は雑食です。日本では刺し網や底引き網などで、ほとんど一年を通して漁獲されています。しかし、旬は夏から秋で特に夏の漁獲が多くなっています。養殖も行われており、大きさによってサイマキ、中マキ、マキと呼んで天ぷら店で用いられています。出荷は生かした状態で行われ、湿度が維持できるようオガクズの中に詰めるなどの工夫がされています。料理では塩焼きや天ぷらの他、刺身など様々な形で利用されています。