タラバガニ(ゆで)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

・タラバガニ・ゆで

「 ・タラバガニ・ゆで」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、4.45%含有し、89kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(412.5%:9.9μg)、次はセレン(140%:35μg)、そして、亜鉛(52.5%:4.2mg)、(51.25%:0.41mg)、ビタミンE(50%:3mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆9%
更に分析 >>

タラバガニ


鱈場蟹は、タラバガニ科に分類される甲殻類の一種を指します。寒帯性で太平洋や北極海など広く分布しますが、日本では北海道や仙台より北側で見られます。体色はもともと背部が暗紫いろ、腹部が淡黄色を呈します。市場に出回っているものは、赤橙色をしたものが多くなっていますが、これは外骨格に存在するアスタキサンチンが茹でるなどして熱を加えられることで赤っぽく変色したためです。甲は五角形状をしていて丸みがあり、全身には棘状の突起が沢山見られます。また、カニは横歩きが基本ですが、タラバガニは縦にも移動します。料理では生食されることもありますが、繊維質が硬く加熱したものより旨味が劣ります。一般には茹でたり蒸したりしたものが流通しています。