タラバガニ(水煮缶詰)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

タラバガニ・水煮缶詰

「 タラバガニ・水煮缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、4.5%含有し、90kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(254.17%:6.1μg)、次は亜鉛(78.75%:6.3mg)、そして、(72.5%:0.58mg)、ビタミンE(48.33%:2.9mg)、蛋白質(41.2%:20.6g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

タラバガニ


鱈場蟹は、タラバガニ科に属する甲殻類の一種を言います。甲長は二十センチほどで、甲幅は二十五センチほどになります。また、脚を最大まで伸ばすと一メートル以上に達するものも見られる大型のカニです。日本ではよく知られる代表的なカニの一つになっていますが、分類学上ではヤドカリに近いとされます。名称を冠するタラバは、タラと漁場が重なることが由来になっています。カニとの呼称は、学術的な問題点ともなっていますが、一般に広まった通称を重視して、名称の変更はなかったようです。缶詰に利用されることが多くなっていますが、蒸したり塩ゆでされたものが束ねられて冷凍食品として出回っています。