ホタルイカ(つくだ煮)[蛍烏賊]


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ホタルイカ・つくだ煮

「 ホタルイカ・つくだ煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、13%含有し、260kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、(777.5%:6.22mg)、次はビタミンB12(687.5%:16.5μg)、そして、ビタミンA(98.57%:690μg)、n-3系脂肪酸(70.63%:1.13g)、蛋白質(54%:27g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

ホタルイカ


螢烏賊は、ホタルイカモドキ科に分類されるイカの一種のことを指します。日本海で広く見られる他、太平洋側の一部にも分布しています。日本での水揚げは富山県が知られており、特産にもなっています。産卵期は春の終わりごろから夏の初めにかけてで、通常、水深数百メートルの範囲に生息しています。ホタルイカの最も大きな特徴は、発光器を持つ点です。腹側と目の周辺、触手に発光器を持ち、一般には敵を脅すものではなく、逃げるためのものと考えられています。料理では佃煮をはじめ、素干しや唐揚げ、天ぷら、足の刺身など様々な形で利用されています。近年では輸送技術の発達から、店頭でも見られるようになりました。