さき烏賊(加工品)[サキイカ/裂きイカ/さきいか]


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

さき烏賊/さきイカ

「さき烏賊/ さきイカ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、13.95%含有し、279kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(287.5%:6.9μg)、次はナイアシン(137.5%:16.5mg)、そして、ナトリウム(97.97%:2700mg)、蛋白質(91%:45.5g)、リン(53.75%:430mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆15%
更に分析 >>

さき烏賊


裂烏賊(サキイカ)は、赤烏賊(アカイカ)などを原料とした調味加工品を言います。アカ烏賊は、ムラサキやバカ烏賊、ゴウドウとも呼ばれる大型のイカで、アカイカ科に分類されます。分布域は太平洋から熱帯外洋で、胴長はおよそ五十センチほどになります。冷凍フライなどにも利用されますが、サキイカの原料になることが多いです。サキ烏賊は、調味液にヒレと表皮を剥いだ胴肉をつけて焙り、ローラーなどで引き伸ばしてから一定の幅で裂いたものです。最後に味を調整し、乾燥させて仕上げます。身肉の柔らかいものを原料に用いますが、アカ烏賊の身肉は若干硬いとも言われます。尚、ケンサキもアカイカと呼ばれることもありますが、こちらはヤリイカ科に属します。
さき烏賊/さきイカ