海胆/ウニ(粒海胆)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

粒海胆/ウニ

「 粒海胆/ウニ」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、9.15%含有し、183kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(225%:5.4μg)、次はナトリウム(119.74%:3300mg)、そして、ビタミンE(60%:3.6mg)、ビタミンB2(54.17%:0.65mg)、葉酸(40.83%:98μg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、「ナトリウム」では目標量未満を超えています。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆17%
更に分析 >>

ウニ


ウニは、うに綱に分類される棘皮動物をまとめて指す呼称です。見た目は球形に近くなっていますが、平板型など様々です。殻の下側に口が位置し、咀嚼するための器官があります。棘のつく部分と基部は結合組織と筋肉によって結びついているため、棘は筋肉によって動かすことができます。しかし、動きは遅く普段は岩などに張り付いて生息することがほとんどです。粒雲丹(ツブウニ)は、生殖巣を塩漬けにして熟成させた塩辛のことです。塩辛は魚介類の内臓などを塩漬けにして、内臓の持つ酵素や微生物によって発酵させた保存食品を言います。粒うにの場合、アルコールなども加えられることもあります。市販されているのものでは瓶詰のなどにされ、酒の肴などに利用されることが多いです。
粒うに