銀鱈/ギンダラ(水煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

銀鱈/ギンダラ・水煮

「 銀鱈/ギンダラ・水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、14.35%含有し、287kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンA(257.14%:1800μg)、次はビタミンB12(108.33%:2.6μg)、そして、n-3系脂肪酸(91.88%:1.47g)、ビタミンE(90%:5.4mg)、ビタミンD(76.36%:4.2μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆15%
更に分析 >>

銀鱈


ギンダラは、銀鱈科に分類される魚を言います。あぶらぼうずに類似しますが若干体は細く、尖った頭部を持ちます。全長はおよそ六十センチほどで、一メートルを超えるものもいます。背中と側面は暗緑灰色を呈し、網目状の斑紋が見られます。腹部は乳白色になっています。北海道南岸沖から東南にかけて見られ、カリフォルニアやアラスカなどにも分布しています。底引き網と延縄によって周年、漁獲されています。魚体が大きいため、たいてい切り身として流通しており、一体丸ごと出回ることはあまりないようです。
ギンダラ・水煮