エスカルゴ(水煮缶詰)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

エスカルゴ・水煮缶詰

「 エスカルゴ・水煮缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、4.1%含有し、82kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、(383.75%:3.07mg)、次はカルシウム(61.54%:400mg)、そして、(37.14%:3.9mg)、蛋白質(33%:16.5g)、ビタミンB12(25%:0.6μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆3%
更に分析 >>

エスカルゴ


マイマイ科に分類されていて、エスカルゴは、フランス語でカタツムリのことを意味しています。ヨーロッパでは、葡萄(ぶどう)の廃園(はいえん)などで育成されているそうです。クラシック種とブルゴーニュ種といったものがあり、クラシック種は殻表が濃褐色をしたものを言います。一方、ブルゴーニュ種は、殻表が黄褐色をしているものを指していて、かつてフランスにおいて激減した経緯があります。これを受けてフランスは、法律によって規制するように至り、現在東ヨーロッパ産が増加しています。旬は、冬が訪れる頃となりますが、エスカルゴが最も美味とされるのは冬眠に入る少し前と言われています。古くは古代ギリシア時代より食用にされていきた経緯があり、当時から養殖も行われていたそうです。調理の際は、その数日前から絶食させるのが良いとされていて、市場では冷凍食品や缶詰といった加工製品が出回っています。また、殻の中に肉や香草などの食材を詰めて料理として使われることもあります。えすかるごは食用とされるカタツムリのことで、その代表種がクラシック種とブルゴーニュ種になります。尚、ブルゴーニュは、ワインで有名な地域です。