あんず(ジャム・低糖度)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あんず・ジャム・低糖度

「 あんず・ジャム・低糖度 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カロリー(10.25%)、次はビタミンE(8.33%)、そして、ビタミンA(8.29%)、食物繊維(6.67%)、カリウム(4%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

あんず


アンズ(杏子)は、アプリコットや唐桃(からもも)とも呼ばれるバラ科サクラ属の落葉小高木を言います。ジャムの形態で使われる品種は、山形三号や平和(へいわ)、信陽(しんよう)、さつき、昭和(しょうわ)、新潟大実(にいがたおおみ)などがあります。ジャムはスプレッド類の一種であり、コンフィチュールやコンフィテューレとも呼ばれます。果実や果汁に含有されるペクチンに対して発生する糖類や酸の作用を利用したもので、これによってゼリー状に柔らかく凝固します。スプレッドは薄くのばしてパンやクラッカーなどに塗布する塗り物のことを言います。
あんず・ジャム・低糖度
別名:アプリコット