あんず(生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あんず・生

「 あんず・生 」に関して1個約70g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、1.26%含有し、25.2kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1個約70g中の栄養素は、ビタミンE(19.83%:1.19mg)、次はビタミンA(12%:84μg)、そして、カリウム(7%:140mg)、食物繊維(6.22%:1.12g)、パントテン酸(5.25%:0.21mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

あんず


アンズ(杏子)は李(すもも)や梅の仲間で、バラ科サクラ属に分類される果樹となります。栽培は、凡そ4000年前から中国で行われていたと言われています。そのため、食用以外でも薬用などに利用され、古くから重宝されてきた経緯があります。日本に伝わったのは、中国から弥生時代以降とされています。また、西アジアや中央アジア諸国においても紀元前に導入されていたと言われていて、ヨーロッパ品種へと改良が加えられて進展していきました。尚、日本産のアンズは薬などを含み、加工品に用いられるケースが多く、これは他に比べてアンズに酸味が多いためと考えられます。日本産のアンズでは、平和、山形三号、信山丸、新潟大実、広島アンズなどがあります。他にも信月、信陽、信州大実といったものがあり、これらは長野において改良された品種で知られています。長野県は、日本に於いての産地で、古くから栽培されてきて、その歴史も古いものとなります。アンズは、シロップ漬け、ジャム、糖果、ゼリーといった砂糖を混入させて用いる場合や塩漬け、果実酒といった形で利用されています。その他アンズの種子は、香料の原料や漢方薬として用いられています。これは、種子に香気成分や薬効成分などが含有されているためです。

時期・特徴

6月から8月。中国から伝わった桃に似た果実であることから唐桃(カラモモ)とも呼ばれる。ウメよりも少し大きく、果皮は綺麗なオレンジ色。だいたい東亜系と欧州系に区別できます。欧州系は日本では栽培が出来ず、雨や病気に弱く、乾燥には強いという特徴をもちます。100グラム中7~8グラムが糖類で、ブドウ糖が2グラム、ショ糖が4.5グラム、ソルビトールなど、その他の果糖を含みます。品種によっては差があるが、約2パーセント前後の強い酸味をもつ。100グラム中、リンゴ酸が全体の25パーセントから90パーセントを占めるが、クエン酸の方が多い品種もある。他のバラ科の果実とは違い、熟しても酸味と渋味が残るが、欧州種は多く糖を含んでいるので、甘味が強く酸味が少ない。果肉の黄色はカロテノイド色素によるもの。アンズの渋味はタンニンによるもので、お茶の渋味成分でもあるカテキン類が多い。βカロテンをとても多く含んでおり、100グラム中1500マイクログラム、乾燥させたアンズでは5000マイクログラムと、果実の中では群を抜いています。灰分を0.4グラム含み、ビタミンCは3ミリグラムと極めて少ない。

選び方

果皮に傷がなく、鮮やかなオレンジ色をしており、産毛があるもの。ずっしりと重みのあるもの。丸みを帯び、果肉が硬めのものを選ぶ。

保存法

ポリ袋に入れて0~1度くらいでの冷蔵保存。湿度は90パーセント前後が良いとされる。3週間ほどは品質が保たれる。シロップ煮やジャムなどに加工すれば長期保存も可能です。
あんず・生
別名:アプリコット