温州みかん(じょうのう・早生・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

うんしゅうみかん・じょうのう・早生・生

「 うんしゅうみかん・じょうのう・早生・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(35%)、次はビタミンA(12.43%)、そして、葉酸(10%)、ビタミンE(6.67%)、カリウム(6.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

温州みかん


温州蜜柑(ウンシュウミカン)は、ミカン科の常緑低木、もしくはその果実を言います。温かい気候を好むことから、日本では関東より南側の温かい地域において栽培されていますが、同じかんきつ類の仲間の中では耐寒性に優れます。日本では和歌山県と愛知県での生産量が多く、また、国内ではバナナと並ぶ消費量を誇ります。現在、ビニールハウスや温室での栽培が多く、通年で回っています。有名なものでは、有田、紀南、愛媛、河内、三角、静岡、大長、湯河原、長崎、片浦、蒲郡温室などを冠するミカンがあります。
うんしゅうみかん・じょうのう・早生・生