温州みかん(じょうのう・普通・生)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

うんしゅうみかん・じょうのう・普通・生

「 うんしゅうみかん・じょうのう・普通・生」に関して1個約70g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、1.61%含有し、32.2kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1個約70g中の栄養素は、ビタミンC(22.4%:22.4mg)、次はビタミンA(8.4%:58.8μg)、そして、葉酸(6.42%:15.4μg)、ビタミンB1(6.36%:0.07mg)、カリウム(5.25%:105mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

温州みかん


ウンシュウミカン(温州蜜柑)は、日本では広く知られる柑橘類で、種がなく、皮も剥きやすいものとなっています。発生は、江戸時代初期の鹿児島県長島と言われています。ウンシュウミカンが広く栽培されるようになったのは、明治時代以降となります。早生温州と普通温州に分類され、早生温州は木や葉が小さく、成熟期も十月下旬で速いものとなります。果実の果皮は薄く、内部のじょうのうと言われる袋もそのまま食べれます。尚、早生温州のなかでも成熟期が速いとされるものでは、山川早生、宮本早生、上野早生といったものがあり、これらは極早生温州とも呼ばれており、九月下旬以降が成熟期とされています。また、普通温州にも早熟系、中熟系、晩熟系といったものがあり、早熟系は中生温州とも呼ばれます。早熟系では、久能温州や南柑20号がこれにあたり、成熟期は十一月中旬と言われています。中熟系では、大津4号、林温州、杉山温州といったものがあり、成熟期は十一月下旬とされます。中でも大津4号は、品質の良いものとなります。晩熟系では、青島温州などがあり、成熟期は十二月上旬とされています。利用法は、その大半が生果として用いられています。その他、果汁用やシロップ漬けといったものにも利用されています。

時期・特徴

大まかに分けて、9月中旬頃に熟す極早生(ごくわせ)温州、10月中旬ごろから熟す早生温州、11月頃から熟す普通温州がある。通称 「ミカン」と呼ばれ、国内で販売数が最も多い柑橘類です。成分は早生と普通ではあまり異なることはありませんが、品質上は糖類の蓄積量や酸の増減が異なる。早生温州では果皮の色、酸の減少が早く、熟すのが早い。また果皮が普通温州よりも薄くて、貯蔵性が劣ることが挙げられます。味は普通温州よりも早生温州の方が淡白です。果皮の水分は100グラム中、75グラムほどで7~10グラムの糖類を含む。ビタミンCは果皮の方が果肉部分(砂じょう)よりも約4~5倍ほど多く含まれている。果皮のオレンジ色はカロテノイド色素によるもので、約15,000マイクログラムのカロテンを含む。果肉は100グラム当たり2,700個程の砂じょうの集合体であり(じょうのう1個当たり260個)、100グラム中、水分が88グラム、糖類7~10グラム程度、酸0.8~1.1グラム、ペクチン0.2~0.3グラム、その他セルロース、ヘミセルロースなどが含まれる。全糖の約65パーセントほどがショ糖で18パーセントが果糖、17パーセントがブドウ糖。酸は全体の85~90パーセントをクエン酸で占めており、5~7パーセントのリンゴ酸、他はコハク酸、シュウ酸などを含んでいる。ビタミンCは35ミリグラム。クリプトキサンチンが豊富に含まれ、βカロテンは全量の5パーセントほどしか含まれていない。じょうのう膜は4~5パーセントくらいのペクチン質が主な成分です。

ウンシュウミカンの選び方

綺麗な橙色でツヤがあり、果皮が薄いもの。触り心地がツルツルとしたもの。重量感があり、皮の浮いていないもの。皮が浮いているものは触った時にごわごわしてて、中身は水分が少なく味も落ちます。

ウンシュウミカンの保存法

常温と低温貯蔵がありますが、大抵は風通しがよく、3度~5度くらいで保存する。痛んだものはすぐにカビが生えて周りに広がってしまうので、早めに取り除く。1週間から3週間くらいが保存の目安。冷凍ミカンとしてそのまま夏まで冷凍保存も可能です。
うんしゅうみかん・じょうのう・普通・生