うんしゅうみかん(砂じょう・早生・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

うんしゅうみかん・砂じょう・早生・生

「 うんしゅうみかん・砂じょう・早生・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(35%)、次はビタミンA(13.14%)、そして、葉酸(10%)、ビタミンE(6.67%)、カリウム(6.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

うんしゅうみかん


温州蜜柑(ウンシュウミカン)は、ミカン科の植物で、その果実を指すことが多くなっています。砂じょうは、果実の房である、じょう嚢内部に詰まっているものを指し、そこには小さな果肉が粒状になって果汁を含んだ状態で存在します。またじょう嚢は、果肉の粒を包んでいる房のことを言います。早生(わせ)は、作物や果物のうち、早くできる品種をさし、早熟を意味します。名称には温州を冠し、中国原産を彷彿させますが、これは名産地に因んでいると言われています。現在のところ、中国から持ち込まれたかんきつ類の中から突然変異で本種が誕生したものと推測されています。
うんしゅうみかん・砂じょう・早生・生