温州みかん(缶詰・液汁)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

うんしゅうみかん・缶詰・液汁

「 うんしゅうみかん・缶詰・液汁 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(15%)、次は葉酸(5%)、そして、カリウム(3.75%)、ビタミンB1(3.64%)、カロリー(3.15%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

温州みかん


温州蜜柑(ウンシュウミカン)は、ミカン科に属する常緑低木の植物、あるいはその果実を意味します。缶詰は通常、液汁が加えられています。これと共に食品を金属缶へ詰めて、加熱殺菌処理を施し、密封したものが缶詰となります。一般に高温にて加熱殺菌しますが、真空下において処理するため、通常の食品に比べて栄養価が低くなることはないようです。むしろ旬の新鮮な状態の食品を使うことから、栄養価が高くなる傾向にあります。また、果物の缶詰の甘味は酸度により異なりますが、やや強い傾向にあります。みかんの場合、JASにて糖度をライト・シラップと規定しており、これを基準にして製造されています。
うんしゅうみかん・缶詰・液汁