夏みかん(缶詰)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ナツミカン・缶詰

「 ナツミカン・缶詰」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(14%:14mg)、次は葉酸(5%:12μg)、そして、カリウム(4.6%:92mg)、カロリー(4.05%:81kカロリー【旧2010年版でも同じ100g:81kカロリー】)、(3.75%:0.03mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆2%
更に分析 >>

夏みかん


夏蜜柑(ナツミカン)ミカン科に分類される植物、あるいはその果実を指します。秋の終わりごろに色づきますが、春を迎える頃まで食用には適しません。これは酸味が強いためで、かつては生で食べられることがありまなかったようです。しかし、時期をずらすことで酸味が減少する性質が認識され、明治にはいってからは夏の柑橘類として価値が見いだされたようです。生食されるほか、分厚い外皮ごと砂糖漬けにしたり、マーマレードなどの材料としてもよく使われます。また、サラダなどに利用されることもあります。本種はもともと夏代々(なつだいだい)と呼ばれていたようです。
ナツミカン・缶詰
別名:なつだいだいなつかん、あまナツミカンを含む試料:ヘビーシラップ漬液汁を含んだもの(液汁45%)