ココナッツウォーター

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ココナッツウォーター

「 ココナッツウォーター 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カリウム(11.5%)、次はマンガン(4.57%)、そして、マグネシウム(2.07%)、ビタミンC(2%)、カルシウム(1.69%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ココナッツウォーター


ココナッツウォーターは、若いココナッツ内部の透明状の液体を言います。ココナッツジュースとも。熱帯地方でよく消費される飲料であり、生のまま飲まれたり、缶入りや瓶入りといった形態で出回っています。脂肪分は無く、カロリーも低くなっています。ココヤシの果実がココナッツと呼ばれており、熟成に伴って内部の液体は次第に果肉と空気に変化していきます。逆に若いココナッツだと内部の果肉は少なく、やわらかいゲル状を構成しています。また同じココナッツでも地域によって風味に違いがあり、甘味の強いものや塩味が効いているものまで様々です。ジュース用に用いられるココナッツは、実が緑色のうちに収穫された新鮮なものが使われます。
ココナッツウォーター