グレープフルーツ(紅肉種・砂じょう・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

グレープフルーツ・紅肉種・砂じょう・生

「 グレープフルーツ・紅肉種・砂じょう・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(36%)、次はパントテン酸(9.75%)、そして、カリウム(7%)、ビタミンB1(6.36%)、葉酸(6.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

グレープフルーツ


グレープフルーツは、 ムクロジ目ミカン科に属する植物、或いはその果実を言います。原産地を亜熱帯とする常緑樹であり、成長すれば十メートルを超えるものも見られます。かんきつ類の一種であり、花は白く四枚の花弁で構成されます。実はデコボコとした球形になっており、色調は黄色です。果肉は白や赤なども多く、もともとはブンタンとオレンジの自然交配によって誕生したと言われています。特にブンタンの特徴を強く継承しています。尚、グレープフルーツは薬との相互作用が指摘されており、これは果肉に含有されるフラノクマリン類に起因します。特にカルシウム拮抗剤との相互作用が指摘されています。
グレープフルーツ・紅肉種・砂じょう・生