すいか(黄肉種・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

すいか・黄肉種・生

「 すいか・黄肉種・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(10%)、次はカリウム(6%)、そして、ビタミンB6(5.83%)、パントテン酸(5.5%)、モリブデン(4%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

すいか


西瓜(スイカ)は、ウリ目ウリ科のつる性一年草の植物、或いはその果実を言います。品種では赤肉系の大玉が多く、祭ばやしやだんらん、暁ひかり、縞無双などが知られます。種なし赤肉種では、ほお晴れやひとりじめ、小玉系品種がります。他に黄肉系の黄太郎やイエローキッズ、富研クリーム、更にオレンジ色品種のサマーオレンジなどもあります。スイカそのものは、原産地を熱帯アフリカとしています。日本へは室町時代以降に伝わったと言われていますが、ハッキリとしたことは分かっていません。果実は本来野菜として分類されていますが、流通市場や栄養の観点からは果物として取り扱われています。スイカは種のある胎座部を食用としています。野生種の場合、胎座部の甘味は乏しく、水分のみを多く含んだ形になっています。
すいか・黄肉種・生