まくわうり(黄肉種・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

まくわうり・黄肉種・生

「 まくわうり・黄肉種・生 」に関して1個約250g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、4%含有し、80kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1個約250g中の栄養素は、ビタミンC(75%:75mg)、次は葉酸(52.08%:125μg)、そして、カリウム(35%:700mg)、ナイアシン(16.67%:2mg)、食物繊維(13.89%:2.5g)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

まくわうり


マクワウリ(真桑瓜)は、ウリ科に分類され、原産地が北アフリカとなります。そこから中国を経由して日本へ伝わったと考えられています。縄文時代後期には日本に於いても栽培されていたと推測され、かつては、うりとは、マクワウリのことを指していました。日本の産地とされていた美濃国には、真桑村があり、この地名からマクワウリと呼ばれるようになりました。現在美濃国は岐阜県と呼ばれており、真桑村は、真正町と改名されています。交配によって西洋種のメロンとマクワウリから1962年にプリンスメロンが生まれ、更にハウスメロンの生産が普及し、これによってまくわうりの生産は減少していくことになりました。果実は凡そ一キログラム以内で、円筒形または丸形、或いは俵形といった果形をしています。表面は斑紋(はんもん)や条溝が存在し、果皮色は、白や黄色、緑といったものになります。果肉の甘味や香りといったものは、少し乏しいものとなりますが、それなりに評価されています。品種では、金まくわ、銀まくわ、梨瓜、甘露、悠紀といったものがあります。尚、日本におけるマクワウリは、中国北部の品種がもとになっています。

時期・特徴

マクワウリの旬は6月頃から8月。日本の夏の果物として代表的なものでした。プリンスメロンがハウス栽培されだしてからはあまり食されなくなり、忘れ去られた存在になってしまった、少し残念な果物です。しかしながら、古くから今でも岐阜の他に滋賀県などでも栽培され、お盆ではお供え物としてマクワウリが利用されていますし、値段も比較的手頃。昔懐かしい素朴な味わいと、独特の歯ごたえを楽しめるという事もあって、一部の市場では販売されています。また、今はインターネットでの販売も手伝って、比較的簡単に手に入ります。果皮は黄色や緑色など、形も楕円、丸、円筒など色々とありますが、成分に関してはほとんど差はありません。果肉は白色または淡い緑色。ほのかな甘味と香り。100グラム中、90.8グラムが水分で、炭水化物7.8グラムのうち食物繊維が1.0グラム含まれる。カロテンは180マイクログラムと多く、カリウムも280ミリグラムと比較的豊富である。また、ビタミンCが30ミリグラムとグレープフルーツ並みに含まれている。

マクワウリの選び方

形が整っていて、傷や変色のないもの。ハリとツヤのあるもの。ずっしりとした重みのあるものを選ぶ。

マクワウリの保存法

風通しの良い場所で常温で保存。香りがしてきたら冷蔵庫でよく冷やして食す。カットしてからは日持ちしないので2~3日で食べましょう。
まくわうり・黄肉種・生