マルメロ(生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

マルメロ・生

「 マルメロ・生 」に関して100g中のカロリーを食事摂取基準詳細で評価した場合、2.8%含有し、56kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(28%:5.1g[目標量: 18])、次はビタミンC(18%:18mg[推奨量: 100])、そして、ビタミンE(17%:1mg[目安量: 6.0])、カリウム(8%:160mg[目安量:2000])、(6.25%:0.05mg[推奨量: 0.8])、となります。また、耐容上限量が定められていて、それを超える栄養素はありません。

マルメロ


原産地は、イランやトルコ地方と言われており、落葉低木並びに中高木となります。ヨーロッパに於いては、古くから栽培されていたとされ、その時期はギリシア、ローマ時代に遡ります。日本へは1634年に伝わったとされています。カリンと似た果実は、マルメロと間違われることもありますが、この二つは分類上異なる果物です。果形は円形状をしており、緑色から黄色に成熟して行きます。熟成時期は凡そ十月頃で、独特の芳香を放ち、重量は二百グラム程度となります。肉質がしまっているため、加工原料として用いられることが多いようです。スミルナは、通常のマルメロより肉質が柔らかい品種で、果実も大きく、その重量は三百グラム前後となります。また、強い芳香はなく、外観も良いとされています。その他の品種は、あまり普及に至っていません。旬は十月下旬で、大体、この時期に市場へ出回っています。果肉は硬めで生食には適さないとされています。これは石細胞が多いためで、果実は主に加工品であるジャムやゼリー、シロップ漬け、果実酒といったものに利用されます。その他、乾燥させた果実を、咳止めなどに用いられたり、特有の芳香があるため、芳香用として利用されるケースもあります。

マルメロの時期・特徴

10月が旬。バラ科の落葉性中高木で白色もしくはピンク色の5枚弁です。歴史は古く、日本では気温の低い長野県や青森県など、リンゴの産地で栽培されています。果実は直径約10センチほどで西洋ナシのような形をしている。果実は硬く生食には向いていないことや一部の地域でカリンと呼ばれてはいますが、マルメロとカリンは別物です。マルメロの果皮にはカリンにない産毛が生えており、熟すと緑色から黄色に変わります。100グラム中84.2グラムが水分で、炭水化物15.1グラムのうち食物繊維は5.1グラムです。糖の割合は果糖60パーセント、ブドウ糖35パーセント。カリウムとビタミンB群に含まれるパンテトン酸を豊富に含むため、カリンと同じように咳止めなどに利用されています。芯に近い部分にはペクチンを多く含む。カリンと同じでジャムやゼリーなどのお菓子に使用したり、シロップ漬けにするなど加工して使用します。

マルメロの選び方

果皮にハリとツヤがあり傷のないもの。すぐに食べないなら熟し切っていない緑色のものを選びましょう。

マルメロの保存法

熟す前は常温で保存。黄色みがかって表面に油が吹いてきたら使用する。産毛が表面に残っている時はタワシなどでよくこすって水洗いをする。加工したものは長期保存が可能です。
マルメロ・生