甘鯛/アマダイ

アマダイの概要

興津局(おきつのつぼね)が徳川家康に献上したとされる生干しから、オキツダイと静岡では呼ばれているそうです。体色からハッキリ分類されており、生息域は本州中部より南側の砂泥底となります。仲間となる種類では、アカ、シロ、キアマダイがあります。アカアマダイは日本産のもので漁獲量が一番多いと言われています。およそ四十センチ程度の全長を有し、本州中部より南側に生息しています。シロアマダイは高値で取引されており、同じ仲間の中では味も一番良いと言われています。生息域は本州中部より南側で、シロっぽい体色をしています。キアマダイは黄色の尾びれと背びれを持っており、見た目はアカアマダイに類似します。生息域は本州中部より南側で、およそ三十センチ程度の全長を有します。尚、甘鯛(アマダイ)はグズナやコビル、グジと呼ばれることもあります。

アマダイ/期待される効能・効果

癌の発生を抑えたり、血栓の形成を防ぐ作用があると言われています。また、脳の働きを保つのを改善したり、骨を丈夫にする働きがあるとされます。その他、老人性認知症や動脈硬化の予防に役立つと言われています。含有されるアマダイの成分では、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA/IPA)、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどがあります。ドコサヘキサエン酸は癌予防、アレルギー症状の改善、記憶力向上、老人性認知症予防、コレステロール低下などの効果があると言われています。エイコサペンタエン酸は高血圧や癌の予防、抗血栓作用、アレルギー症状の改善などの作用があるとされます。また、ドコサヘキサエン酸よりも優れたコレステロール低下や抗血栓作用を示すと言われています。マグネシウムは筋肉収縮をなめらかにし、カリウムは余分なナトリウムを排泄促進し、血圧低下をもたらすと言われています。カルシウムは精神安定をもたらし、歯や骨を丈夫にすると考えられています。