鱚/キス

キスの概要

スズキ目キス科に分類され、口は小さく体は紡錘形をしています。キスの身肉に含まれる成分では、リジンやグルタミン酸といったものがあり、これらの成分によって甘味があります。タンパク質は二割程度と比較的多く、一方脂質は少ないものとなっています。産卵期は六月から九月にかけてで、旬は五月ごろとされます。黒い輪のふちどりが体表にあって、鱗がその上部についているものが良質とされます。また、側線が新鮮だとクッキリ現れていて、古くなると鱗が剥がれて腹部が崩れてます。キスは夏の魚で、その体表は金色に光っていて、シロギスとアオギスがあります。一般に、シロギスの方が美味とされています。秋から冬は水深凡そ四十メートル程度の位置に生息し、春から夏は、凡そ十五メートル前後の水深に生息します。

キス/期待される効能・効果

高血圧症状、肥満などの予防と改善など。キスは白身魚で、そのタンパク質も良質といえます。必須アミノ酸は、人の体内で作ることはできませんが、キスには、この必須アミノ酸がバランスよく含まれているのも特徴です。イワシなどに比べると、脂質はかなり少なくダイエット食品としても定評があります。また、カリウムにはナトリウムによる血圧上昇を抑制する作用があります。多すぎても少なすぎてもいけない成分ですが、お酒やコーヒー、水分を良く飲む人は、それだけ尿として排泄されますので、不足がちになる成分です。