カレーパン(皮及び具)

bun-curry-filling-1
  • bun-curry-filling-1
  • bun-curry-filling-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

カレーパン皮及び具

「 カレーパン皮及び具 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、セレン(56%)、次はモリブデン(44%)、そして、ビタミンE(35%)、クロム(30%)、n-6系脂肪酸(27.38%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

カレーパン


カレーパンの発祥については諸説があり、相場愛蔵や中田豊治などの名があがるものの明確な起源につてはハッキリしていません。洋食が広まる時代の中で様々な業者が同時に日本人好みのメニューを創意工夫していたと考えられ、そういった時代背景も影響して不明瞭になったものと考えられます。カレーパンそのものは惣菜パンの一つであり、具をカレーとしています。衣は揚げたり焼かれたりしており、特に揚げたものはカレードーナツと呼ばれることもあります。カレーのように汁気があるものではなく、生地からカレーが滲出しないように改善されています。
カレーパン皮及び具