甘納豆(あずき)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

甘納豆・あずき

「 甘納豆・あずき」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(144%:36μg)、次はクロム(50%:5μg)、そして、食物繊維(26.11%:4.7g)、(20%:2.1mg)、カロリー(14.8%:296kcal)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

甘納豆


甘納豆(あまなっとう)の初期は、ささげを用いたもので、これは江戸時代の終わりごろに生まれたと考えられています。発案者は細田安兵衛と言われ、江戸で誕生したとされる。そして時を経て改良が加えられ、次第に小豆(あずき)や青えんどう、インゲン豆、紅花インゲンなども使用されるに至る。初期においてささげが使われたのは、形を崩しにくいためであるが、サツマイモや栗を用いたものも存在します。一般に、甘納豆とはクリや豆類を水煮してから糖液に浸したものである。砂糖菓子の仲間であり、形状は元々の形を維持している。糖液に浸す際は、段階的に高濃度へと移行する。ぬれ甘納豆は製造過程で砂糖まぶしを行わないものである。多くは大納言の小豆が用いられ、表面が若干湿っている。通常に比較すると保存性は低くなっているが、現在の技術で脱酸素剤による封入が可能となり、一般に流通するに至る。
甘納豆・あずき