甘納豆(いんげんまめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

甘納豆・いんげんまめ

「 甘納豆・いんげんまめ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(31.11%)、次は鉄(15.24%)、そして、カロリー(15.1%)、銅(12.5%)、リン(12.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

甘納豆


甘納豆(あまなっとう)は微生物に侵されることがほとんどありません。これは、砂糖が高濃度に含まれているからであって、水分活性が鈍く、浸透圧も高くなっていることに起因します。このため、微生物の成長が阻まれ、保存性に優れます。甘納豆の作り方は、原料とする豆などによって異なり、インゲンマメの他に、そら豆やえんどう豆、紅花隠元、小豆なども用いられます。納豆という名称がつくことからしばしば発酵食品の糸引き納豆などと混同されがちですが、両者に関連性はありません。
甘納豆・いんげんまめ