甘納豆(えんどう)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

甘納豆・えんどう

「 甘納豆・えんどう 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(27.22%)、次は銅(16.25%)、そして、カロリー(15.5%)、リン(13.75%)、鉄(12.38%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

甘納豆


甘納豆(あまなっとう)の製法は水に豆を浸し、適度に水分を含ませる。その工程を経て水煮を行い、同時に炭酸水素ナトリウム(重曹)をおよそ一パーセントほど添加する。その後30分ほどで取り出し、あくを除去するため水洗いする。この工程を何度か行い、適度に煮る。そして、一番蜜につけ一晩寝かせる。次の日二番蜜へ浸して沸騰させる。火を止めてしばらく放置後、前日同様に一晩寝かせる。翌日更に仕上げ蜜へ浸して沸騰させ、火を止める。その後蜜を切り、砂糖をまぶす。これが甘納豆の製品として出回る。尚、甘納豆には砂糖をまぶさないものもあるが、こちらは糖濃度のバランスがよく、柔らかい皮と身を持ち、原材料の形を維持しているものが良品とされる。
甘納豆・えんどう