(カバーリング)チョコレート

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

カバーリングチョコレート

「 カバーリングチョコレート 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、(45%:0.36mg)、次はパントテン酸(28%:1.12mg)、そして、カロリー(25.55%:511kcal)、カルシウム(24.62%:160mg)、ビタミンB2(22.5%:0.27mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

チョコレート


カバーリングチョコレートは、被覆チョコレートとも呼ばれる、チョコレート菓子の一つとなります。カカオ脂の使用量などを調整し、熱を加えて流動状にして仕上げます。包むものには、ゼリーやナッツ、果物、キャラメル、クリーム、ヌガーなど様々なものがあり、これらをチョコレートで包んで被膜します。チョコレートそのものは、カカオマスやココアバター、砂糖、粉乳などの配合比率でスイート、ホワイト、ミルクチョコレートなどと分類されています。また、カカオマスはカカオ豆を焙煎し、胚乳を摩砕して液状にしたものを言います。
カバーリングチョコレート
別名:エンローバーチョコレート