ホワイトチョコレート


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ホワイトチョコレート

「 ホワイトチョコレート」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、カルシウム(38.46%:250mg)、次はビタミンB2(32.5%:0.39mg)、そして、モリブデン(32%:8μg)、カロリー(29.4%:588kcal)、パントテン酸(26.25%:1.05mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆12%
更に分析 >>

ホワイトチョコレート


ホワイトチョコレートは一般に白色のチョコレートのことを言いますが、ココアバターと粉乳が用いられていることから若干黄色味があり、綺麗な白色ではありません。ホワイトチョコレートそのものは、ココアバターとしてカカオマスから搾油されたものを使い、これに砂糖や各種乳製品を混ぜ合わせて製造されています。主原料となるのはカカオマスに含有される油分で、ココアバターの苦みを取り除いて作られます。この苦みは抗酸化成分であり、除去されることで通常のチョコレートよりも保存性が劣ります。普通のチョコレートに比較すると甘みが強く、見た目はミルクチョコレートと類似します。