ミルクチョコレート

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ミルクチョコレート

「 ミルクチョコレート 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、クロム(240%)、次は銅(68.75%)、そして、モリブデン(44%)、パントテン酸(39%)、カルシウム(36.92%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ミルクチョコレート


ミルクチョコレートが始めて世に知られたのは、19世紀後半のスイスにおける加糖練乳によるものである。日本におけるミルクチョコレートの定義は現在、乳固形分の比率が14パーセント以上で3パーセント以上の乳脂肪分を含んだものと決められています。ミルクチョコレートでは全脂粉乳だけでなく脱脂粉乳も用いられます。主となる原料はこれらの粉乳のほか、ココアバター、カカオマス、砂糖といったものになります。チョコレートに乳製品を混ぜ合わせたものをミルクチョコレートと言い、使われる乳製品は、脱脂紛郵、全脂粉乳、クリーム粉乳などです。特にクリーム粉乳を用いたものはクリームチョコレートとして区別するケースもあります。
ミルクチョコレート