大福餅/だいふくもち

daifuku-mochi-1
  • daifuku-mochi-1
  • daifuku-mochi-2
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

大福もち

「 大福もち 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、銅(20%)、次は食物繊維(13.89%)、そして、カロリー(11.75%)、亜鉛(11.25%)、蛋白質(9.6%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

大福餅


大福餅(だいふくもち)と言えば蒸したもち米の中に餡を入れた白大福餅のことを指しますが、餅皮の内部に赤豌豆やヨモギを混ぜたもの、餡の中にイチゴを入れたイチゴ大福などもあります。もともと江戸時代における腹太餅(はらぶともち)から派生したと言われ、これは形も大きく、塩餡入り餅を使ったものです。その後、餡に砂糖を混ぜ合わせた現在の小さな形へと移り変わり、名称も腹太餅から大福餅へと縁起の良いものに変遷したと考えられています。大福餅は時間の経過とともに固くなりますが、これはでん粉が老化するためです。しかし、再び熱を加えると柔らかくなるという特徴を持ちます。近代では、硬化防止を有する酵素などが添加されたりしますが、これは柔らかいものが好まれるためです。
大福もち