磯部せんべい


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

磯部せんべい

「 磯部せんべい」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の養分は、モリブデン(24%:6μg)、次はカロリー(19.05%:381kcal【旧2010年版では100g:382kcal】)、そして、ナトリウム(18.14%:500mg)、クロム(10%:1μg)、ナイアシン(10%:1.2mg)、となります。また、耐容上限量が定められた養分の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆5%
更に分析 >>

磯部せんべい


磯部煎餅(いそべせんべい)は磯部の炭酸水素ナトリウムを含む食塩泉を生地に使って焼き上げたせんべいです。このため、鉱泉せんべいとも呼ばれます。塩味はあっさりしており、口溶けもよくなっています。独特の風味があり、食感も軽いものとなっています。今日では角ばったものを多く見ますが、もともとは丸く大きな煎餅だったようです。この磯部煎餅は、磯部温泉が明治時代に知られるようになってから土産品として出回るようになったのですが、近年では炭酸を含む食塩泉も数多く存在し、こういった地域では鉱泉せんべいとしてその地域の名物となっています。