ゼリー(コーヒー)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ゼリー・コーヒー

「 ゼリー・コーヒー 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、ナイアシン(5%:0.6mg)、次は蛋白質(3.2%:1.6g)、そして、カロリー(2.4%:48kcal)、カリウム(2.35%:47mg)、マグネシウム(1.72%:5mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

ゼリー


ゼリーコーヒーは、ゲル化剤とコーヒーを混合したもので、これらを溶解させてから冷却凝固させて作ります。ゲル化剤そのものはペクチンや寒天、ゼラチンの他、カラギーナンなども存在し、これらを単独もしくは複合的に用います。pHやどのぐらい使うかによってゼリーの固さや弾力性、食べた時の口当たりも変化します。ゼラチンは動物や魚のコラーゲンを加熱して作られたものです。このコラーゲンは主に皮や結合組織に含まれます。ペクチンはいわゆるジャム状態のものを指し、果物と糖分を煮詰めて出来上がります。寒天はオゴノリや天草を凍結乾燥させたものです。カラギーナンは紅藻類海藻から取り出されるゲル化剤を指します。
ゼリー・コーヒー