(カステラ)まんじゅう

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

カステラまんじゅう

「 カステラまんじゅう 」の栄養価を食事摂取基準設定にもとづく30歳から49歳の女性で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(17%:3g)、次はカロリー(15%:294kcal)、そして、(14%:0.11mg)、蛋白質(13%:6.6g)、(12%:1.3mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たします。

まんじゅう


カステラとの名称がついていますが、これは生地内がカステラのそれに良く似ているからです。材料は小麦粉、鶏卵、砂糖、水飴、そして炭酸水素ナトリウムである重曹であり、これらを混合します。そして、この生地に黄身餡を包んでオーブンで焼き上げたものがカステラ饅頭となります。名称はカステラ饅頭以外に、磯山、ひよこ、ポンポコ、釜風呂といった呼び方があり、これらに合わせて形も様々となっています。浜松銘菓としての松菱饅頭(まつびしまんじゅう)は、現在カステラ饅頭と呼ばれるようになっています。カステラ生地に白あんなどを入れて焼き上げた饅頭です。
カステラまんじゅう