くしだんご/串団子(みたらし)

mitarashi-1
  • mitarashi-1
  • kushi-dango-ss-100kcal
  • kushi-dango-ss-100g
  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

くし団子・みたらし

「 くし団子・みたらし 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(140%)、次は銅(11.25%)、そして、カロリー(9.85%)、マンガン(9.71%)、ナトリウム(9.07%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

くしだんご


上新粉を使った団子。蒸し上げた団子の外側に餡を巻いたものや粘りっ気のある甘い醤油につけた串団子が知られる。醤油を使ったものは御手洗団子(みたらしだんご)と呼ばれ、焼き団子や醤油だれ団子の名称で親しまれる。由来は京都市の下鴨神社が実施する御手洗祭りにあるようである。地域によっては醤油団子とも。作り方は通常の醤油だんごより容易であり、砂糖の比率が多い。これは、消費期限や保存性にこだわっているためで、賞味期限が当日のものだと砂糖の比率が少なくなるようである。いずれも醤油を基礎にして餡を団子につける。焼き目があるものや無いものがある。団子の数は地域によって異なるようで、四個の串団子は四文銭に由来するようである。最近では団子の内部に餡を入れた串団子や三色団子など、様々な形態で見られる。
くし団子・みたらし
別名:しょうゆ団子