巻き煎餅/まきせんべい

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

巻きせんべい

「 巻きせんべい 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カロリー(19.6%)、次は蛋白質(8.6%)、そして、パントテン酸(8.25%)、リン(6.63%)、食物繊維(5.56%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

巻き煎餅


巻き煎餅(まきせんべい)は、あるへい巻きとも呼ばれるもので、これは芯にあるへい糖を巻いているところに由来します。原料は膨張剤をはじめ、砂糖、鶏卵、そして小麦粉を主軸にしたものであり、瓦せんべいと同様です。この生地を白焼きにするため薄焼き型に流します。こうして出来上がった生地であるへい糖を巻きます。この巻き煎餅の起源はもともと絢巻(あやまき)と呼ばれるお菓子だそうで、これが元になって巻き煎餅が日本各地に広がったと考えられています。
巻きせんべい
別名:有平巻き