せんべい(南部・ごま入り)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

南部せんべい・ごま入り

「 南部せんべい・ごま入り 」100g中のカロリーは431kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、21.55%です。【旧2010年版では100g:432kcal】また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆18%
100g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位モリブデン112%28μg推奨量25μg+3μg
2位n-6系脂肪酸59%4.72g目標量8g-3.28g
3位47.5%0.38mg推奨量0.8mg-0.42mg
4位カルシウム36.92%240mg推奨量650mg-410mg
5位マグネシウム26.9%78mg推奨量290mg-212mg
更に分析 >>食事摂取基準

せんべい


南部煎餅(なんぶせんべい)の名称は、もともと南部地方で出兵の時に携帯食品として用いられていたところに由来します。普及したのは江戸時代ごろと考えられていますが、せんべいの原型と言われます。また、ゴマを沢山使って糖類を使っていないところが特徴で、ゴマの香りと小麦粉の甘みを引き立てています。このため、自然で飾り気のない古風な煎餅の一つとなっています。通常、こういった小麦粉を特徴とするせんべいは固くなっていますが、南部煎餅に限っては食べやすいと言われます。
南部せんべい・ごま入り