せんべい(南部・落花生入り)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

南部せんべい・落花生入り

「 南部せんべい・落花生入り 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(104%)、次はビオチン(34.4%)、そして、ビタミンE(33.33%)、ナイアシン(29.17%)、セレン(28%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

せんべい


南部煎餅(なんぶせんべい)は通常ゴマ入りですが、これは岩手県盛岡市の特産です。近年、青森や宮城県では、このゴマ入りの他、ラッカセイを入れたものも出回っています。ゴマ入りは糖類を使っていませんが、落花生入りでは砂糖を用いています。このため、ほんのり甘みがあります。ラッカセイ以外にも、くるみやすりごま、バター、えび、ショウガ、ノリなどを入れた製品も流通しています。南部煎餅は八戸南部氏が藩主家だったとされる旧八戸藩地域に伝わる焼成煎餅です。このため八戸南部氏が創始とする説もありますが、長慶天皇が創始とする説もあります。他にも諸説あり、明確にはなっていません。
南部せんべい・落花生入り